カーペットQ

カーペットに住むダニ対策

カーペットは、家の中で、お布団の中に次いで二番目にダニの多い場所です。
気温が高くなってくると、家の中に潜むダニの活動も活発になります。
ダニに刺されると激しい痒みに襲われて苦しい思いをするだけでなく、刺された跡が長い間残ってしまい、見た目も損なわれてしまいます。
そのため、しっかりとダニの対策をしておく必要があるのです。
最近の家庭では、エアコンが普及しているために、一年中部屋にカーペットを敷きっぱなしということも多くなっており、ダニが繁殖しやすい環境が整っています。
最も大切なのは、定期的に日光に当てて、ダニが住みにくい環境を作ることです。
しかし、布団のように簡単に干すことは難しいため、工夫が必要になってきます。
ダニは熱に弱いため、布団乾燥機を利用するとよいでしょう。
ビニール袋などにカーペットを入れて、中の温度が50度以上になるように布団乾燥機をセットします。
50度以上の温度で、20分から30分程度乾燥させると、ほとんどの個体が死滅すると考えられています。
月に一度は、このような布団乾燥機による処置を行うと安心です。
また、餌となるのは人間のフケや皮膚などです。
毎日掃除機で念入りに掃除を行うことで、ダニを少くすることができます。

雰囲気も機能も充実させるカーペット

近年の住宅業界においてはフローリングの床が流行しています。
丈夫で美しく落ち着いた雰囲気が生まれることに加えて、掃除もしやすいことから多くの消費者に愛されてきています。
しかし、その固さから冷たさも感じられるものであることから部屋の中に暖かな雰囲気のある場所を作り出したいという思いが生まれることも多々あります。
そういった際に敷いて利用できるのがカーペットであり、柔らかな表面と多様な色彩が部屋に明るさと温もりとを生み出すことができます。
それに加えて、衝撃を吸収する役割もあることから、傷つきやすいフローリングを守ることができ、マンション等に住んでいる場合には下の階へ響いてしまう生活音を緩和する役割も果たします。
掃除を行うにも掃除機一つで事足りてしまうことから管理も容易です。
また、最近では機能性が付与されたカーペットも多数登場しており、防炎性や遮音性、遮熱性、防カビ性など様々な付加価値が付けられたカーペットが多数存在するようなっています。
色や柔らかさによって部屋の雰囲気をよりよいものにするだけでなく、需要に応じて高い機能を持つものを利用することによってより快適な生活空間を生み出すことができるのです。

Favorite

Last update:2018/3/30

『カーペット』 最新ツイート

@hiyorisama_bot

撫でて下さい? 手洗ったばっかりだから、カーペットに頭でもこすり付けておけば?

1分前 - 2019年03月25日


@poroku3

@cockdoodledo (T ^ T)みほさんもですかーっ💦💦 今日は、カーペットの下のゴミをかき出してたら、チタチタチタチタ💖と、隊長がお越しに…_| ̄|○ 来んでよろし‼️と上にあげても数秒で、チタチタチタチタ💖 ……_… https://t.co/LU7KTn1sey

2分前 - 2019年03月25日


@nogizakamatome

乃木坂46難易度別クイズ!!いえ~い!!早速問題です♪【難易度 ★★★】『アメイジング・スパイダーマン』×乃木坂46のスペシャル企画:24時間生中継特番の最後、レッドカーペットで斉藤優里が着ていた浴衣の色は?答えは・・・・・「赤」でした!! どうでしたか?次回もお楽しみに♪

3分前 - 2019年03月25日


Copyright 2015  カーペットQ  All Right Reserverd.