カーペットQ

カーペットのサイズは豊富なので自分にあったものを選びましょう

リビング、ダイニング、子供の部屋、寝室、キッチン、和室、日々暮らしている部屋には様々な種類があります。
部屋の大きさは一概に6畳と表記されていても実は地域差があり、大きさが全く同じではありません。
転勤などで遠くに行くことになった場合には、今まで使っていたカーペットをそのまま使用したいと思っていてもサイズが合わないことがありますので注意が必要です。
また、既製製品を購入して、サイズが部屋にぴったり合えばいいのですが、部屋には梁などがあり、いびつな形の場合もありますので、カットしたり加工してもらう必要があります。
選ぶ際にはその部屋の用途によって、部分的に敷きつめるタイプが適している場合もあります。
例えば、ダイニングなどが良い例です。
ダイニングではテーブルや椅子が床を傷つけることがあるので、テーブルや椅子の動きまでを部分的にカバーするカーペットが適しているかもしれません。
カーペットのサイズは豊富にあり、自分がこのようにしたいという理想の形をお願いすれば叶えてくれるお店が沢山あります。

サイズが調整できるカーペットが便利

部屋の印象を大きく変えたいと思うなら、カーペットが最適です。
フローリングでも畳の部屋でも、一枚敷いておくことで印象は大きく変わっていくことになります。
色の違いでもかなり印象が変わりますし、毛足の長さなどもイメージを大きく変えるポイントになります。
自分の好みにあったイメージのものを選びたいものです。
また、その際にもう一転大切なポイントとなるのがサイズです。
カーペットのサイズは決まっていることが多く、ものによっては切り離すと端の処理が必要になるものがあります。
そのため、少々変わった形の部屋の場合、サイズの選び方に頭を悩ませることも多いのです。
そのようなときには、フリーカットで調整できるものや、パネルのようになっていて床に組み合わせて敷き詰めることができるタイプのものを選ぶのが便利です。
特にパネルタイプのものは色の組み合わせで模様を作ることもできるので、インテリアのポイントとして生かすこともできるアイテムです。

Favorite

Last update:2016/11/10

『カーペット サイズ』 最新ツイート

@starmoon1130

明日はお休みなので冬用カーペットとホットカーペット買いに行くので楽しみ...送料変わらないなら漫画とゲーム入るような棚も欲しいなー。そろそろオタク用万能棚誰か開発してくれないかな...ありとあらゆるサイズに対応可能な大容量な棚が欲しい...

1時間前 - 2018年09月25日


Copyright 2015  カーペットQ  All Right Reserverd.